事業承継の矛盾

よかれと思ってやったことが裏目に…

事業承継をするお客様のお話をお伺いしていると、

多くのお客様が「いまの業績を改善した状態で後継者に渡したい」とおっしゃいます。

 

しかしながら、事業承継の後継者からすると、それは必ずしも歓迎できる条件ではありません

 

それはなぜか。

 

利益を出せば出すほど、内部留保が増えます。

それに伴い、株価が上がるということは、つまり引き継ぎづらくなってしまうということ。

 

良かれと思ってやったことが裏目に出てしまうのです。

 

最悪の場合、自社株を引き継ぐために銀行から借り入れしなければならなくなってしまい、

それが経営に影響を与えるだけでなく、後継者に個人保証として重くのしかかってくることになります。

 

そこで是非考えていただきたいのが、いかにお互い負担をかけない承継を行うかということです。

 

  • 事業承継について考えるのに「早すぎる」ということはありません。
  • 事業承継は 今日の明日すぐにできるというものではありません。

 

自社株のことだけでなく、後継者の選定や教育、相続対策、承継のための環境整備など、事前に行わなければならないことがたくさんあります。

 

まだ早いと感じる時から準備を進めておくくらいで、ちょうどいいと思います。