東京で事業承継をお考えなら、相続・事業承継コンサルティングのプロ集団である一般社団法人 東京事業承継相談センターにお任せください。

税理士・弁護士・司法書士・FP等が、相続・事業承継の各領域を網羅。

東京 事業承継相談センター

営業時間

9:00~20:00
(土日祝日も受付中)

その他

初回のご相談は無料!

お気軽にお問合せください

0120-401-624

事業承継と自社株

事業承継と自社株

「株式の譲渡」も重要な事業承継

事業承継を行う際、「代表取締役の交代」が注目されがちですが、

「株式の譲渡」ということも大変重要な要素の一つです。

 

  • 代表取締役の交代:経営権の移転
  • 株式の移転:支配権の移転

 

つまり、代表取締役を交代するだけでは事業承継は完了しません。

 

自社株を「誰に」「いつ」「いくらで」「どうやって」渡すのか?

 

未上場企業の場合、株価がその企業の経営状況や、その時の経済状況によって大きく変動しますが、この株価を定期的にチェックしている経営者の方は少なく、実は株価が以前よりも高騰していた!というケースも見受けられます。

 

事業承継において問題となりがちなのが、この「株式の移転」であることが多いです。

 

相続により自社株が分散してしまいますと、後継者である代表取締役が株主総会の特別決議により解任されしまう可能性もあります。

 

後継者は、いつ解任されるかもしれないという不安の中、前経営者の相続人である家族の顔色を気にしながら経営するということにもなりかねません。 

 

会社の経営権と支配権のそれぞれを、次の後継者にスムーズに引き継いでいくことが事業承継のポイントになります。